生命保険とは?


一言で言えば、事故や疾病などで損なわれた損失を保障してくれることで、仕組みとして保険契約者は保険会社との契約に基づき、毎月掛け金と称される一定のお金を保険会社へ支払うことで、成り立ちます。
その時交わされる保険の契約内容は、各保険会社により様々でいろんなプランがあり、一長一短があります。保険契約者は自分のライフプランに合わせて、それらの保険に加入することが出来ます。
保険契約者は、自分の万が一の時、配偶者や子供の為に「保険金」を残すことになりますが、時にはこの金額が大きなものになり、配偶者だけでなく親、兄弟、親族ら身内を巻き込む事もあり、その「受け取り」を巡って身内同士の骨肉の争いに発展することもあります。また、同様にこの「保険金受け取り」を目当てに過去、世の中を震撼させる事件があったことは、皆さまの記憶にも残っているかと思います。

病室

 どんな時に必要?

生命保険について論議する際に、必ず言われることは「保険は本当に必要かどうか?」という話です。
これについては正解は無いでしょう。人によっては、特に家族のある方にとっては、必要なものでしょうが、そうでない人にしてみれば「勿体ない」だけかもしれません。
時代が進んだ現在では、保険だけが家族や将来を守る手段でなく、他にも自分に合った、自分にふさわしい「安全」を作る方法も増えてきました。
では、実際、どんな時に保険が必要かと言えば、やはり一家の大黒柱が亡くなった場合、残された家族の保障が必要な時です。
但し、保険に頼らずも残された資産、これには家屋や土地も含めますがこれらが十分あれば、何も高額な保険に加入する必要はないという考えもあります。
また保険は「死亡」だけが対象ではありません。病気やけがも保険の対象となります。普通は、貯蓄や生活費の中から賄うものですが、高額な医療費がかかる病気になってしまったり、大きな事故により、今まで出来た仕事が出来なくなる、という事態になった時は、保険の存在が重要になるはずです。

もうひとつ大事なことは、保険は、病になってから入ってこないでは遅いということです。具合が悪い自覚症状があって病院に行った、もしかしたら癌かも・・・慌てて保険に入る・・という流れは保険会社では加入させてもらえません。あくまで、健康が立証されている人に万が一のことがあった時の為のリスク回避が「保険」の目的ですから。実際、保険に加入してから請求までの期間が短いと、保険会社からは厳しい審査が入ります。

生命保険の種類はどんなものがある?

これは大きくわけて3つの保険があります。
まず、「死亡保険」文字通り、亡くなられた場合に支払われる保険です。
ただ、この中でもいろいろな保険の種類があります。これは保険会社によって様々ですので、ご自分のプランや生活あった保険を選ぶべきです。

それと「医療保険」代表的なのはがん保険でしょうか?最近はアヒルが出てくる、外資系の保険のCMなどもよく流れていますが、要は病気、けがによる入院費や治療代の保障です。

そして最後は「老後、貯蓄保険」です。老後の生活資金や子供の為の学費保険などです。保険会社により、言い方や言葉は異なっても、この3つの大きな保障がキモになっています。

ポイントは、本当に必要な保険かどうか、組み合わせによっては損にも得にもなる保険ですので、しっかり見極めることです。保険と聞くと、つい面倒臭がったり、相手(保険会社)任せにすることが多いようですが、自分や家族を守る為のものです。

場合によっては人生の中で2番目に大きな買い物になるくらいのお金を払うわけですから、自分に合った保険を選びましょう。

 

関連ページ

生命保険とは?関連商品詳細ボタン