保険


「保険ってなぁに?」「本当に保険って必要なの?」など、聞くことがあります。ご自身にとって本当に保険って必要なのかを確認しましょう。

ここでは保険について説明しますので、保険のことをもっと知ってみましょう。

医療保険

保険ってどんなもの?

保険は契約者から少しづつお金を集めて、契約者が不慮の事故やケガをした時にまとまったお金を出して助け合う事になります。何かあった時に助け合う事が保険になり、また簡単に保険の仕組みを説明すると以下になります。

  1. たくさんの人(契約者)が少額を出し合う。
  2. 大きな共有財産を作る。(=保険会社)
  3. 万が一の時にまとまった金額を出して助ける。

保険は万が一の時の協力体になり助けてくれます。どんな将来になるかは誰も分かりません。そのために保険へ入ることで、安心感を手に入れることができます。

保険の種類により様々ですが、契約した保険により使えるタイミングが違いますので契約時によく確認するようにします。そして、万が一保険を使う場合、契約した保険会社へ申告すると保険金が支払われます。(保険会社により違います。)

では、保険の種類は何があるのでしょうか?大きく分けると保険の種類は以下があります。

1.生命保険

医療保険人の生死による損失を保障する保険などがあります。主に死亡保障保険、年金保険、こども保険などがあり、ほとんどが死亡した時に残された遺族へ支払われることが多いです。

生命保険について詳しくはこちら

2.医療保険

保険病気やケガによる入院や手術の費用などを保障する保険などがあります。主に医療保険、がん保険、傷害保険、介護保険、女性の保険などがあります。不慮の事故やケガ、突然の入院などの場合に支払われます。

医療保険について詳しくはこちら

3.損害保険

事故保険自動車やバイク、家財、ペットやレジャーなど、万が一の時に保障する保険です。例えばスポーツをしていて道具が壊れた!遊んでいてケガをした!または登山をしていて遭難にあった時の捜索費用など適用され、保険金が支払われるものも中にはあります。

損害保険について詳しくはこちら

 

関連ページ

保険関連商品詳細ボタン